妊娠線の仕組み:妊娠線の予防方法

特に妊娠線は高齢出産のお母さんや肌に弾力性がないお母さんにできやすく、注意をしなければなりません。

妊娠線は赤ちゃんがお腹の中でじょじょに大きく成長していく過程で、お母さんの体もやはり大きく変化していくのです。

つまり赤ちゃんのためにお腹が大きく膨らみ、乳房や太ももも膨らんでいきますから、皮膚が耐えきれずに妊娠線を作ってしまうのです。

どういうふうに妊娠線ができあがっていく仕組みになっているのかといえば、急激に皮膚が引き伸ばされることにより、皮膚に傷がつくからなのです。

この皮膚の傷が出産後には白い線になってしまい、いわゆる妊娠線となって体に残ってしまい、肌の美しさを損なってしまうのです。

ページのトップへ▲

予防クリーム
予防クリームの成分
予防クリームの効果・選び方
予防マッサージ
予防マッサージのやり方
予防マッサージの効果
予防マッサージ
基礎知識
妊娠線の仕組み
妊娠中のボディケア
妊娠中のかゆみ
原因
妊娠線の悩み